マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

やっぱりCCC

やはりやってくれました。


TSUTAYAでマイナンバー「通知」カードを
本人確認として使用していたとの記事。


「住所と氏名のみ確認し、マイナンバーは見ていなかった」
・・・ってあるけど、んなことあるかーい。(笑)


図書館業を受けていながらプライバシーマークを返上するなど
元々遵法意識が低いと言わざるを得ないことを
やってきた企業でしたけど、
マイナンバーでもやってくれました。


ちなみにここ。


以前、特定個人情報保護委員会に、民間にもマイナンバー使わせろ
と意見書提出したことがあります。
もちろん、セキュリティに詳しい委員の猛反対にあって
立ち消えしたんですけども。


カード業者がマイナンバー使えれば
引っ越しても住所が確実にわかりますし、
ビッグデータも正確に取れます。


メリットは大きいです。


おそらく、最近の「マイナンバーカードのポイントカード統合」も
裏で糸引いてそうですね。w


でも、結局、こういうこと。
自社利益しか見ておらず、個人のリスクを蔑ろにしてます。


マイナンバーを民間に開放すると
こういう企業が積極的に使ってダダ漏れになりますよ、
というのが良くわかる事例でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。