マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

マイナンバーこんなクラウド業者は嫌だ

今一番、懸念しているのが
「マイナンバーを預かります」のクラウド業者です。


「ガイドライン準拠」をうたっていますが
どー考えても、準拠していない。


いや、正確に言うと
「クラウド業者は準拠してるけど、預けた企業は準拠してない」
が正しいでしょうか。


☆最初のポイント
  「マイナンバーの業務委託」になっているかどうか。
 アヤシイ業者はこれをしません。
 こういう業者はマイナンバーのQ&A3-12を理由にします。
 ですが、これは
 「俺、マイナンバー預かるなんて聞いてないもん。だから委託じゃない。」
 て話なんですね。


 このような業者にマイナンバーを預けると、万一の場合
 預けた側の企業は、管理責任を果たしていないと見なされます。
 マイナンバーを置いてはいけない場所に保管したことになるので。


 某クラウドでは、マイナンバーを預かっていることを知らなかったとするため
 マイナンバー廃棄の際、顧客に渡す書類を
 「廃棄証明書」から「廃棄確認書」にこっそり直してたりしてます。
 「証明」ってことは保管してたこと前提でないと言えません。
 こういうトコは、わかっててやってますね。


☆次のポイント
 「委託」を認めていたら、次は「監査要求」に応えられるかどうかです。
 管理責任を果たすためには、任せっぱなしではダメ。
 杭打ち偽装の三井住友建設が、下請けの旭化成の責任にできないのと一緒です。


 だから、監査できるようにしとかないといけない。



「委託」契約を結べること、「監査要求」に応えられること
この二つをクリアすることが、マイナンバーをクラウドで扱う
「最低限」のポイント。


この上で、技術的にどうか、価格はどうか、とかいう話になります。
まず、この二つができてないようなトコは絶対に止めてください。


この二つができてなくてもクラウドが使えるのは
「マイナンバー扱いしなくて良い」秘密分散での管理くらいです。


クラウドで管理する場合は、有事の際、どんな責任を問われるのか?
その観点で選んでください。


本当にひどいクラウド業者が多すぎます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。