マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

マイナンバーコールセンターの実情

コールセンターが大不評です。
残念ながらその通りでした。


本日、質問をしたところたらい回しをされ
実に4時間!かかりました。


経緯は以下の通りです。
 質問事項:企業がマイナンバーを漏洩してしまった場合、
      漏洩証明を出し、被害者本人に自治体窓口で
      番号変更手続きをしてもらう。
      では、個人番号カードが出ていた場合、再発行も
      してもらうことになるが、どうなるか?


      紛失ではないので、警察も受け付けないから、
      紛失手続きの流れに該当しない。
      また、再発行手数料の一時負担もしてもらうのか?



1.総務省コールセンター
 カード手続きはJ-LISだし、番号変更手続きは総務省管轄なので
 総務省のコールセンターに連絡しました。


 さんざん、やりとりして待たされたその結果


 「質問内容は、マイナンバー制度のことなので、
  内閣府のコールセンターの○番に連絡してください。」


 まあ、管轄が違うならしょうがない。
 内閣府コールセンターに連絡しました。



2.内閣府コールセンター
 さんざん、やりとりして(以下、前項同文)


 「質問内容はカードのことなので、総務省の
  コールセンターに連絡してください。」


 出たよ。たらい回し。
 こちらは、総務省のコールセンターからこちらにかけてくれ
 と言われた。どちらの管轄なのかハッキリしてもらうように言うと


 「お答えできません」


 (^^;


 んで、
 「あなたは内閣府の受託業務をしてるんでしょうけど、
 対外的には政府の見解になるんですよ?それでいいんですか?」
 と突っ込むと
 「はい、公式の見解です。」
 と来たもんだ。www


 さすがに、上の人間に確認して判断できる先を紹介しなさいよ、
 というと、特定個人情報保護委員会だという。
 委員会さんなら、直通電話知ってるけど、一応タテマエもあるだろし
 中継してもらいました。



3.特定個人情報保護委員会
 総務省管轄ですね。(即答)
 ご質問先は最初に架けた総務省のコールセンターで合ってます。
 一応、法令上の返答は委員会でもできますが、公式には
 総務省管轄なので、そちらを通してください。
 コールセンターでは返答できないかも知れませんが、
 総務省で返答できる部門を紹介していただければ、と。


 やっぱり安心の対応です。
 マイナンバー制度の最後の拠り所。特定個人情報保護委員会。



4.再度、総務省コールセンター
 担当者→スーパーバイザー→コールセンター責任者
 と同じことを何度も繰り返した後、
 「お答えできません」


 まあ、予想はしてたので、上にに繋がる責任者に
 「では、返答できる場所を紹介いただくか、そこに確認してください」
 と言うと
 「できません」


 さすがに責任者(と名乗る者)に言われてキレました。


 「たらい回しは現場のことだから『知らなかった』でもいい。
  でも、国の機関がここに確認してくれと言ったものを
  受託業者の一存で断る権限などないでしょう。
  断るなら委託組織に確認をしたうえで言いなさい。」


 と叱りましたがな。


 そしたら、
 「J-LISに確認したところ、お答えできないとのことです」
 との返事。
 J-LISのどちらに?→お答えできません
 受託してるあなたの会社は?→お答えできません


 ふ~ん、本当に確認したのかね。



5.総務省
 コールセンターが酷すぎるんで、総務省のツテを辿って直接聞く。
 自治体に関しては「悪用の恐れ」がある場合を確認した上で
 対応するように指示が出ている。
 総務省として、「これで大丈夫」とは言えないが、
 カード変更も一括で受けることは可能なはず。
 自治体個別に一応聴いてみては?


 ちゃんとしてますね~。



6.習志野市
 最初に通知カードの配布が始まった習志野市のコールセンターに
 確認してみました。
 すると。


 ・漏洩した企業から(個人ではなく)、所轄の警察に届けて欲しい。
  悪用の可能性を考えれば受け入れてくれるはず。
  そうすれば、自治体としても確認が取れる。
 ・個人番号カードの変更は同時に受け付けられる。
  ただし、手数料はその場で本人に貰うしかない。
  企業の補償は別途考えて欲しい。


 ああ、現場はちゃんとしてます。頑張ってます。
 いい加減なこと言って何もしない、内閣府や天下り団体とは違います。
  
 ここまで4時間。
 コールセンターがちゃんとしてれば10分で終わった話。


 んで、結局、企業がマイナンバー漏洩起こしちゃったとしたら
   ①特定個人情報保護委員会(場合により主務大臣)に報告
   ②所管警察に届け出
   ③各人に証明書の発行と手続き手順の伝達
 それから賠償やら再発防止やら諸々やらなきゃいかんということですね。


ようやく、しっかりした事業継続計画が立てられるようになりました。 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。