マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

CYBER SHOCK

2月7日 21:00 NHKで
「CYBER SHOCK 狙われる日本の機密情報」
が放映されました。


ご覧になった方も多かったと思いますが、
あまり危機をちゃんと伝えていなかったかな
と感じました。


例えば、「少なくとも1000以上の企業で情報が盗まれた」とありましたが
あれは、
いくつもある攻撃者の一つ
いくつもある踏み台にされたサーバの一つ
経由したのが1000以上ってことですからね?


どれだけの数の情報が漏れているのか。


また、今回は中国経由ですけど
他の国も当然やってるでしょうしね。


先日紹介した、アメリカ製ファイアウォールの
隠しバックドアの話もあります。


ネットワークで経由できる社内データは
まず漏れるもんだ、という前提でいた方が良いのです。


それでも大丈夫なように考えるのが
今の機密情報取扱いの在り方です。


だから私なんかは、「安全な委託」と「秘密分散」の啓蒙と推奨に
取り組んできたのです。


ただ、マイナンバーの委託は本当に気を付けてくださいね。
どうしようもないサービスが山ほどありますから。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。