マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

マイナンバー ヒヤリハット

3/24、個人情報保護委員会サイトに

マイナンバーヒヤリハット事例集が立ち上がりました。


内容はそんなに多くはありませんし、


  『財布を紛失したため、拾得物カウンターに遺失物届を出す際、

   財布の内容物を確認され、個人番号の通知カードが入っていたため、

   遺失物として「通知カード」と記載し、あわせて個人番号を

   記載しそうになった。』


・・・って、12桁暗記しとったんかぁーい! 


と突っ込みたくなるような事例もありますが、

こういうのが出るのは良いことです。


私らなんかが思いもつかない悪用事例もあるでしょうし、

どんどんブラッシュアップして行って欲しいものです。



個人的には、

「マイナンバーカード受取の際、

顔写真・住所氏名・マイナンバーのいずれかが間違っていた」
というのも入れて欲しいと思いますが、
メンツが立たないでしょうねぇ。。。。

マイナンバーカード記載のマイナンバーが
間違っているという事例、本当に無いのでしょうか。

顔写真や住所氏名等と違い、
ケースでマスキングされたまま渡されてますので
通知カード記載のものとの一致は
自治体窓口で行われていません。

間違ってても本人が気づかなきゃ
そのままになってしまうのですが。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。