マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

紛失・漏洩状況

数字は出てきていませんが、

やはり、もう既に多数の紛失・漏洩事件が発生しているようです。


リンク先の記事は勤務先のカード紛失ですが、

他にもいろいろとありそうですね。

このケースは通知カードの原本を郵送しろっていう

論外な話ではありますけど。


通知カードを勤務先に失くされた場合、

まず、コールセンターにカード使用停止の連絡をします。


そして警察に届出。

この届出をしないと、自治体の窓口で番号再交付・カード再交付の

手続きをやってもらえない恐れがあります。

紛失の状況がわかりませんから、紛失した部門と一緒に

交番に行くのがいいですね。


会社がちゃんと対応しないと、法令違反となることも

紛失部門にはしっかり伝えておきましょう。


それと、カード再発行の手数料です。

これも会社からちゃんと貰いましょうね。


この後、自治体窓口で再発行の手続きをします。。。。。

けど、カード再発行はいつになるんでしょうね。

今の状態で。。。



また、記事では「国はトラブルの全容を把握しておらず」

って書いてありますけど、おかしいでしょう。


「カード」の紛失・盗難トラブルなら

コールセンターに連絡が行ってるハズです。


少なくとも、月次単位で

「コールセンターへのカード利用停止依頼件数」

は出てないとおかしいですよね。


このコールセンターは「地方公共団体情報システム機構」が

やってますし、その管轄は総務省


また、100件以上の紛失等があれば

必ず国の機関である「個人情報保護委員会」に連絡しなければいけません。

ここでも有無を確認すればいいだけです。


把握してないってのは事実とすれば

怠慢と言うか無能の極み。

さすがにそれはないでしょうから、

把握はしつつも発表のタイミングを見計らってる

ってところじゃないんでしょうか。


・・・・本当にないよな?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。