マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

個人情報保護法の矛盾

以前にも少し触れましたが、マイナンバー制度と個人情報保護法の

矛盾点を正す動きが始まったようです。


ポイントは

  改正法で「5000人」のくくりが無くなり、全ての事業者が

  個人情報取扱事業者になった。個人情報取扱事業者は

  マイナンバーガイドラインの安全管理措置を対応義務があるのに

  個人情報保護ガイドラインではそれが無い。


この点です。


マイナンバー法では会社の規模に応じて、やるべき安全管理措置が

決まっているが、一般個人情報はどうすりゃいいんだ、という点。


これが個人情報保護委員会の資料にありました。


結局「5000人」のくくりはガイドライン上で残すようです。

それにプラスして、マイナンバーガイドラインに沿った

安全管理措置を付け加えることになりそう。


後追いですねぇ。


改正法の原案が出たときから、みんなに突っ込まれてたのに。

結論と開始時期ありきで議論をしないから

リスクコントロールができていない。


さらに、決定権者が自分で勉強しないから

外部からの指摘の重要性が理解できない。


至る所にその弊害が出てきているように思われます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。