マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

マイナンバーカードは嫌いでもマイナンバー制度を嫌わないでください。

現在のマイナンバー制度の展開に

かなり批判的なことをブログに書いている私ですが。


マイナンバー制度自体に反対しているわけではありません。

(あ、マイナンバーカードは反対です)


時々、「マイナンバー制度は止めたがいいですよね?」

と聞かれることもあるのですが、

これは明確に反対します。


マイナンバー制度の導入は絶対にやるべき。


ただし、能力の無い人たちが思いつきで決めたことに

振り回されている現状は問題なので

一旦、仕切り直しをすべし、という主張です。


例えば、個人情報保護委員会の“事務局”の皆さん。

数人話したことがあるのですが、

皆さん、とてもよくセキュリティのことも理解されています。


ところが、権限のある個人情報保護委員となると

ワケのわからん人が紛れ込んでいる。

(ちゃんとした方もいますよ、念のため)


いっそ、事務局に制度全体の権限を与えて

制度設計から見直した方が

余程良いものができるのではないかと思っています。

いや、マジで。


事務局の皆さんの努力が

何とか意味のあるものになっていければ良いのですが。。。


国民監視の思惑の見え隠れする政治家・官僚、

何もわかってないのに天下りしてるJ-Lisの上層部、

安く受注し、システム品質も確保できない見積を出す大手システム営業。

自分たちの儲けるネタにしようとビッグデータ利用を虎視眈々と狙う

ポイントカード業者やポータルサイト業。


こういった人たちがマイナンバー制度をダメにしつつある。

だからと言って、マイナンバー導入をしないと

非効率なお役所仕事が改善しない。


なのでマイナンバーカードやマイナンバー周辺の連中は嫌っても

マイナンバー制度自体を嫌わないでくださいね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。