マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

個人番号カードでのクレジット決済

また、とんでもないニュースが出てますね。


個人番号カード(マイナンバーカード)を普及させることを
目的にして、国民の安全を守ることに目を瞑るという
本末転倒なことを。


マイナンバーカードをクレジットカードとしても
使えるようにすることは、大きく分けて3つの問題があります。


1つめにはセキュリティの問題。
 ICチップ内の認証番号はマイナンバーではないから使っていい
 て言い訳なんでしょうが、このICチップはいろいろな用途が認められています。
 特に、条例で定めた各自治体が必要とするアプリは
 本人の承諾なく入れておいていいことになってるんですよ。


 これを、クレジットカードのように、お店の端末で、ピッ、と使う。
 端末改造すれば、他のデータも読み取れますよね。
 スキミングです。
 例え暗号化していたとしても、暗号化はいずれ破られる
 ガイドラインの中で宣言してるようなものなのに。


 言ってることとやってることが違います。


2つめは金融口座とのリンクの問題
 個人認証用の番号はマイナンバーではない、という言い分ですが
 個人認証用の番号とマイナンバーは紐づけられています。
 それに個人の銀行口座決済が紐づくことになります。
 なしくずし的に資産とのリンクが進みますね。


3つめ、これが個人的に一番の懸念ですが
 マイナンバーカードを皆が持ち歩くことになるということ。


 持ち歩いたら無くします。掏摸られます。
 クレジットカードの盗難件数は毎年約4万件。
 盗難だけです。この他に紛失があります。
 
 つい先日、「下町ロケット」の新井浩文さんが財布を落として
 「東京三菱UFJの宣伝出てる阿部宏さんと同じドラマ出てるんで
  それで身分証明になりませんかー?」
 て聞いたけどダメだったてのが話題になりましたけど、 
 財布落とすってありますよね?


 私もあります。
 6万入ってた財布。。。。


 クレジットカード化されたら財布落としただけでも
 マイナンバーの変更手続きが必要だということです。
 このブログでも紹介した、あのとんでもなく面倒な。。。


 本当に現場を知らないというか、
 自分のやってることがどんな影響を及ぼすか考えないというか、
 困ったもんです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。