マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

マイナンバーリスクマネジメント・7

謝罪の内容について、まず真っ先に言うことは
何らかの賠償を必ずさせていただきます」
てな感じの表現。


「賠償しない」とか賠償に触れないようだと
バッシングのネタになります。
だからと言って、悪用の状況等が確定される前に
金額まで言ってしまうと、それが一人歩きしてしまいます。


「何らかの」のように
賠償の約束はするけど、どういう形でいくらする
ということは曖昧のままにしておくべきでしょう。


そして、ここからが重要なのですが、
被害者にとって
 ・どういうリスクが想定され
 ・今後、どういう対応をしなければいけないのか
明示できるようにしましょう。


人は「わからない」ことに不安や恐怖を感じます。
「私はこうすればいいんだ」
と理解することで、不満は小さくなるのです。


そのためには、
 ・こういう詐欺に気を付けましょう
 ・番号変更をしないとこうなります
 ・番号変更はこういう手続きになります
 ・カード再発行手数料は全て当社持ちです
 ・賠償と手数料の振込先を教えてください
くらいのことは、言っておかねばなりません。


被害者の不安感を少しでも減らすこと
これが会社の損害を減らすことでもあるのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。