マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

マイナンバー頑張れ郵便局

郵便の誤配問題が続いています。


でも、先日の記事で書いたように
5000万件の簡易書留が動いています。
しかも一斉に。


普通であっても100件以上の誤配があって
おかしくない件数。
なのに、いまだかつてないほど
短期間に集中しているのです。


特別なフォローがなければ
トラブルが発生して当たり前です。


当初政府は国から郵便局に通知カードが到着後、
20日以内に全員に送付できる、と言っておりました。


ですが、第一陣として10月20日から始まった千葉県では
まだ到着していない家が既に出ています。


第一陣になるからと、予め準備して他よりも意識の高かった
千葉県の地域でさえコレです。


他の地域は、もっとうまくいかないんじゃないでしょうか。


このまま、配布がズレ込むともう年賀状の時期ですね。


また人員が不足します。


そして。


郵便局というものは。
年賀状の時期にアルバイトを雇います。


そう。
1月1日に。


郵便局は日本で最初にマイナンバーを
実務上使わなければならない業種
なんですよ。


ただでさえ配布にとんでもない時間を取られるのに
マイナンバーの安全管理措置まで
完璧にしとかなきゃならない。


ムチャクチャな事務状態のハズです。
現場のシミュレーションをしてもいない
いい加減な国の方針で、大変なことになってるんです。


だから敢えて言いたいんですね。
「がんばれ郵便局、マイナンバー制度に負けるな!」
と。


できる限り郵便局に負担のかからないよう、
みなさんも協力をしてあげてください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。