マイナンバーしっかり対策

ようやくメリットもデメリットも話題になってきたマイナンバー。一昨年から啓蒙活動を続け、既にマイナンバーセミナー講師約200回、参加者1万5千人を超える実績を持つコンサルタントが、マイナンバーの取扱いで気を付けるべきことを解説していきます。

本人確認の重要性

マイナンバー収集に、代行サービスを利用されている会社も
多いかと思います。


ここで一点、気を付けていただきたいことに
「本人確認の徹底」があります。


絶対徹底してくださいね?
理由が軽くないんです。


マイナンバー制度開始に伴い、実は公的機関で変更になったことがあります。


顔写真入り社員証が本人確認書類として利用できる
ことなのです。


びっくりするでしょ?(笑)
私もびっくりして、政令改正で気づいてすぐ確認しました。



理由はこうです。


 1.マイナンバー制度が始まり、企業は公的書類による本人確認が義務付けられた。


 2.よって、社員証の人物は本人確認済である。


 3.別人だとしても、それは会社の責任であり、俺たち公務員のせいじゃないもん。


偽造だったらどうすんだー、とか
提供拒否した社員だったらどうすんだー、とか
そんなことはお構いなしのようです。


でも、開始の時だけ
相当期間勤続を続けて、本人であることが間違いない場合は
本人確認を免除できる特例があります。


ここで、最初に戻ります。


今、マイナンバー収集する場合には
公的書類による本人確認をする人としない人がいます。
だから、収集代行サービスでは、一律で本人確認をするシステムには
なっておりません。選択制にせざるを得ません。


よって、既存従業員はいらないからといって、
本人確認免除のプロセスのままにしておくと
新人採用の際、なりすまし詐欺のネタになりかねません。


ということで、本人確認はとても重要になるのです。


気を付けましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。